はじめての方へ

当院の特徴

・治療室は和室なので落ち着ける。

・治療室は個室なのでプライバシーが保たれる。

・施術者が変わることはない。

・優しい刺激のものがあるので、妊婦さんでも大丈夫。

・たくさんの施術法があるので、個別に対応ができる。

・病院でたくさんの症例を見たので、さまざまな病気の鑑別ができることもある。

・専門用語を一切使わないで説明ができる。

・整形外科だけでなく、内科的な考え方・アプローチもできる。

・身体に関する多くの経験に基づく情報が得られる。

・1つの見方だけでなく、いろいろな見方を提供できる。

 

当院のデメリット

一戸建てなので、初回は連絡しにくい。

駅から少し歩く(5分)

治療室に子供の声が聞こえることがある。

玄関に段差がある(手すりありです)

 

当院でお断りする方

・マッサージ感覚で時間と強さを求める方

・1回で全てを良くして貰えると思っている方

・他の治療院のやり方を押し付ける方
(お話しはお伺いします)

・酒気帯びの方、暴力事を起こされる方

・健康への関心が低いので、話しを素直に聞けない方

・無断キャンセルする方、約束の時間を守れない方

・独りでは治療院に来ずに、毎回家族や友達と来る方
(子供や歩行困難な高齢者は除きます)

 

当院の理念

当院の特徴は、つきつめると「ご自身の身体に興味を持ってもらうこと」です。

もちろん、「当面の痛みやつらさ」がなくならないと始まらないので、そのための技術研鑽をしています。

11年間でのべ1100万程度、毎年50日くらいは自己研鑽のために使っています。

「痛み」「つらさ」には理由があると思います。

その理由を見つけることが、東洋医学でいう”未病治(みびょうち)”、予防に当たります。

痛みやけがなどと比べて、身体の中で起こっている変化はゆっくりと見えにくいため、普段は気にもなりません。

あるとき、いつの間にか遠くに来ていたことに気付くのです。

それが生活習慣病といわれる糖尿病だったり、その他の血液の病気だったりします。

また不妊症が多くなっているのも、年齢が要因だけでなく、知らないうちに身体の内部での変化に気付いていなかったことが原因かもしれません。

アレルギー(花粉症含む)が増えているのも同様です。

身体の外から見て何が分かるのかという疑問があると思います。

でも、「温度」「固さ」「重さ」「動き」などは、感覚的に分かることです

西洋医学は客観的な数値やデータを元にするので、これらの感覚を重視していません。

西洋医学は優れた学問ですが、それだけでは適応しない場合もあります。

慢性的な症状は食事・運動・ストレス・環境などによるものが原因であることが多いです。

それらに対して、感覚でアプローチするのが当院のアプローチです。

ちなみに糖尿病にかかるとアメリカでは2000万円くらいかかると言われています。

血管の病気は一生ものなので、毎週通院、薬は一生飲まなければいけないと言われる場合が多いです。

アメリカでは、破産は医療が原因の場合が最も多いそうです。

これらを予防するには、まずは自分の身体に興味を持つことす。

独りで歩くのは大変です。私が少しでもその助けになればと思います。

 

施術の流れ


メール・電話での予約となります。

予約時間にそのままお入り下さい。

(一戸建てですが遠慮なく)


お電話でご質問もお受けいたします。

施術中に電話に出られない場合は、後でこちらからかけ直すこともあります。

営業時間外のお問い合わせは、メールにて24時間毎日受け付けております。

 

 

2014-05-13 13.07.34初診時は問診票にご記入いただきます。

少々時間がかかるので、10分前にご来院下さい。

 

 

 

2014-05-13 13.17.28

施術です。

施術効果の確認、再問診など随時行います。

1時間何もしないで寝ているだけの施術しか受けたことのない方はちょっと戸惑うかもしれません。

 

 

2014-05-13 13.10.39

最後に身体の動きの再確認をします。

自宅で行うセルフケアも指導します。

これからの施術方針、予約、会計をして終了となります。

 

 

【問診目的】

1.今何に一番悩んでいるか、何ができなくて困っているか

2.他にも気になることがないか

3.患者さん自身で書いたり話す中で、症状の整理や気づきを得る

4.症状の根本原因を探し出す。

 

【問診項目】

(全て聞くわけではありません)

既往歴、随伴症状、血圧、体温、利き手、家族構成、睡眠時間、喫煙歴、

食習慣、薬、運動歴、月経、ほてり、冷え、便通、尿回数、アレルギー、

花粉症、、その他の治療歴など

【その他の項目】

全て実施するわけではありません)

・身体の動き(よく動いている所、動いていない所)

・痛み(動くと、何もしなくても、強さ、いつから、頻度、気持ち)

・筋力テスト

・しびれ・感覚テスト

・表情、皮膚、毛、爪、舌、全体のシルエットなど

サブコンテンツ

このページの先頭へ